絵柄の変化

(7月22日ではないですが。。)

クリエイターエキスポで何が一番しんどいかって、パンフレットを作るところなんです。
僕は何かをレイアウトするのがめちゃくちゃ苦手。
文字をどう組み合わせたら綺麗になるのかとか本当によくわからない。
もともと頭がとっちらかってるから、それを整理するだけでも大変なのに、それをさらに美しくするなんて、強風の中シートを敷いて優雅にピクニックしようとするようなもの。

まあただレイアウトの勉強をしてないだけなんだろうけど。うん、そうですね。。

とはいえ、去年とその前のイラストを見比べるのはめちゃくちゃ楽しい。というのも去年、とにかく毎日ツイッターにイラストを載せるため半年ほど毎日書いていたんだけど、そのせいで僕の中のOSがアッグレードされたのかってぐらいイラストが良くなった気がするからだ(フォロワーもいいねもほとんど伸びなかったんだけどさ)。線に勢いが出たような気がするし、全体的に丁寧になったような気もする。人って半年本気で頑張っただけで、だいぶ変わるのねってことをめちゃくちゃ可視化したのがこの一昨年と去年の絵の違いだった。ニヤニヤするね。

ところで、絵柄の変化はフランスの漫画家Yves Chaland(イヴ・シャランド?未だに読み方がわからない)の影響を受けたことが大きい。

出会いは偶然ピンタレストでズキュンときたのがきっかけ。とにかく太くて滑らかで生き生きとした線、確かなデッサン、レトロモダンな雰囲気に一目惚れしてしまって、特に絵柄が素晴らしかった Freddy LombardAmazonで購入した。

 

さっきからわざわざアルファベットで書いて調子乗ってる感満載だけど、どうも作者は1990年に33歳の若さで亡くなっているらしく、日本では無名なようで、いくら検索しても日本語表記が出てこない。もちろん日本語wikiはない。それどころか、普段肉厚ステーキのような重厚記事ばっかりの英語版wikipediaでも、Chalandの項はずいぶんあっさりしている。Amazonで購入した本も、発送先はイギリスだった。うっすい134ページなのに3000円以上。英語セリフ読めまっせん。

でも間違いなく買った価値はあった。

日本語版でないかな。。


クリエイターエキスポに出展します。

先週の金曜日にクリエイターエキスポに申し込んだ。

414日(水)~16日(金)まで。東京ビッグサイトにて。もう1ヶ月を切っている。。

例年は7月に開催される上、去年はコロナによる延期に次ぐ延期の結果10月開催だったので、なんとなくまだまだ先だろうなあと思っていた。
まさかの4月。
それを知ったのは先週の頭。
晴天の霹靂だろこれは。

仕事や作品を全然まとめてなくて、当然パンフレットもないし名刺も新調していない(名刺は変えなくていいか?)
イラストレーターのブースはすでに売り切れていて、アートブースしか残ってない。
コロナの人数またじわじわ増え始めている。
確定申告もまだだ。当然仕事もこんもりある。

何よりFC琉球のホーム ヴェルディ戦も見れない。

でもやっぱり久々に東京に行きたい気持ち強いんです。
沖縄から引っ越したいとまでは思わないけど、それでも東京はものすごい都市。
少なくとも一年に2回は都会の空気を吸っていろいろ見ないと、いろんなところが小さく丸まってしまいそうだ。

出展ブース、また後日記載します。


沖縄は寒い

世間的には大寒波らしいけど、一昨日あたりから沖縄もめちゃくちゃ寒い。

今日の気温は12℃。極寒です。
本土からしたらそんなに寒くないだろってなるかもしれませんが、年のうちのほとんどが暖かい沖縄からしたら相対的に地獄のような寒さ。沖縄に移住してきた、寒さに慣れてるはずの本土出身の人も、2年目にはすっかり寒さに震えるようになってしまう。

何より風が強いです。海で冷え切った風がビュービュー吹くので体感はもっと低いし、しかも多くの家で防寒設備がなく、暖かい服を持ってる人も少ないのでそれはもう寒いに決まってる。

そもそも冬でも暑い日もなんだかんだ多いから、暖かい服を買っても使用頻度が低いため、値段が高くなるモコモコの服やコートを買う気が起きないのです。だから持ってない。寒い日がくるともう終わり。

昨日寒さで死ぬかと思ったので、ヒートテックを買いに行くつもりです。

 

 

 


1日1枚

去年こんな風にその日の記念日を1日1枚描いてツイッターに載せていました。反応はちょっとはあったものの、期待していたほどフォロワーは伸びず、半年ぐらいやって途絶えてしまいましたが、いろいろ振り返ってみると、自分の絵に対する意識がだいぶ変わっていて、本当にやってよかったなと思ってます。

いや、まだ載せてない日も大量にあるから本当はやんなきゃいけないんだけど。
何終わった気になってんの。。


琉球史の勉強を始めた

イラストもそうだけど、最近自分の不勉強がいろんなところで露呈されるようになってきて、本当に勉強しないとなと思ってるんですよね。もっと若い時は英語に熱を入れて毎日必死で勉強していた時期があったけど、でもよくよく考えてみたら外国の方と話す機会ないし、外国行くの怖いし、ほとんど使う機会がないなと思い始めて急に冷めてしまったのです。

すると、気がついたら勉強をする習慣自体がなくなってしまった。
習慣は一度無くなると復活させるのは難しい(このブログのように)。
でも今一度やるしかないと思ってます。勉強は人生を変える。

英語の勉強で学んだ教訓は、その勉強が本当に自分にとって必要か、興味のあることなのか見極めることがいかに大事か、ということでした。

僕個人でいえば、興味や面白さだけではなかなか続かないです。どこかで必ずフッと冷める瞬間がある。
多分その瞬間がなくて常に熱中できていればすごいところまでいけるんだろうけれど、途中で冷めてしまえばやり続けるのは辛くなるし、なんなら壮大な時間の無駄をしたと嘆いて、また勉強の習慣をなくしてしまうことになるかもしれない。

だから何事も目的が大事。興味と目的、これががっちり合ったものを勉強すれば強いはず。

ところで、今日勉強を始めたのは琉球史なんです。すごい興味はあるんだけど、なんだろ、目的が見出せない。。