ファッキンなトゥデイ

今日はもうファッキンなマンデーだったぜ・・
朝起きるとムッシュから着信アリ。
「履修登録しようぜー」
俺は軽快にジャケットをはおり自転車に乗るが、坂道にさしかかったとたん前と後ろ両方のチェーンが外れ、直すのに時間がかかり、待ち合わせに遅刻するわ、降り注ぐ小雨にうたれるわ、手が油まみれになるわって感じになる。
A号棟でパソコンで履修登録しようとするもパスワードがわからず
30分無駄にし、管理棟に行ってデータを初期化しにいこうとするとまたチェーンがはずれ、手が再び油まみれに。初期化してもらったあとまたパソコンで履修登録しようとすると、何故かまだ開かない。あり?結局となりのムッシュのパソコンで出来た。
その後ムッシュと再会を固く誓って分かれた後、ドライアイスを20キロ発注しに家までダッシュすると、三たびチェーンがはずれ
手が油まみれに。
再び学校に戻って縦割りの準備にいそしんだ後(ズンをこき使ったのも含む)、五時からチャンプルへ。ついにチャンプルで初バイトである!
俺はチャンプルは、かなりイカしたいかれた店だとおもう。こんなにぶっ飛んだ店は無いんじゃない?店の後ろは粗大ゴミの山。常連さんが多く、満員の日もしょっちゅうあるのに毎年増大する赤字。ひどいときは注文してから一時間後にしか出てこない沖縄料理。しかし、そのすべてをぶっ飛ばすほどの魅力があって、それはこの店のママさんだ。ママさんはヤバい!ママさんほど人間臭くて輝いてる人っていないんじゃない?ここではどう書いたらいいのかわからないけど用はすごい人なんすよ(去年と一昨年の大祭に常連さんを引っさげて来てた)。
で、おれはそんな人のもとでバイトすんのが楽しみだったわけ(今日は二時間だけだけどね)。
店に着くと、ママさんは超焦ってた。今日は一気に22人の大集団がくるから2階の整理を大慌てでやった。で、チャンプルの常連さんの謝花さんも手伝いに来てて、その人と一緒に、台所とは別に客席にコンロを持って来てヨモギを天ぷらであげ始めた。
・・うわー・・・・思い出しただけでもゾッとするわ?・・・
俺の担当は揚げられているヨモギをひっくり返す事だった。で、あがったヨモギを一部ついばみながら、調子に乗って来た俺はどんどんじゅーじゅー言ってるヨモギをひっくり返す。その時、ママさんが衣のカスを取りにオタマ(?)を油の中に入れた。するとそれに一部水分がついていたらしく、油がバチンとはねて俺の目に入りそうになった!
あち!
その瞬間、悲鳴があがった。煮えたぎった油がママさんと謝花さんのところに大量にこぼれたのだ。俺は油が目に入りそうになった瞬間にのけ反って客席のテーブルを突き飛ばしてしまったのだ。
         顔面蒼白
ママさんと謝花さんは無事だった。ママさんは足に少しやけどを負ったみたいだけど、そんな事一言も言わず、「あんたいい教訓になったね」といってくれた。俺は引き継ぎのあーやーがくると逃げるようにチャンプルを出た。
うおおお・・・ああああああ・・・・
何だろうね、この感じ。ヨモギじゃなくって油ひっくり返してどういうつもりだよ。
帰る途中、坂道にさしかかったところでまたチャリのチェーンが外れ、手がまた油まみれになった。


健康な体になりたい

今日のほとんどの時間をデザ工の縦割りの準備についやして、ムッシュと前川と、その他もろもろで千成ラーメンに食いにいったときの話であります。
ムッシュの「攻めまくろうぜ」の発言を受けて、俺は塩バターコーンラーメンにバターをトッピングしてもらったら、前川に
「まささん気違いじゃね?」とか、「カロリー取り過ぎで全部脂肪になって死亡」とかいろんな事をいわれた。
さらに珍しくムッシュが、自分の頼んだチャーシューを「俺最近肉類食べ過ぎだから」という理由で周りに配ってた。

俺は、自分の食生活にかなり不安を感じた。
おれ、最後に野菜食ったのいつだっけ?全然覚えてない。最近便の様子もあまりいいとは言えない気がする。
さらに悪いのが間食。むちゃくちゃ高カロリー。俺は腹が減ると、炊飯器のご飯を皿に盛って、その上にチーズ(一袋99円のフランス産)をかけて、塩で味付けして食う。マジうまい。
ほかにはフランスパンにチーズをかけて食ったり、卵焼きを食ったり、ポップコーンにバターを大量にかけて食ったり・・・
ヤバい・・これ書いてて青ざめて来た・・・・
考えてみたらヤバいのは間食だけじゃないや!昼飯マック率かなり高い気がする・・。今日はケンタッキーだった。家では少し前までは(というか数ヶ月前までは)ひたすらもやしとチンゲンサイと人参とポーク缶の炒め物だったが、最近はひたすらレトルトカレーだ・・。アメリカ版レンジで作るポップコーンが手元にあるときは、翌日便秘覚悟で全部(四人分。カロリーは・・・・)
食べるし、コーラなんか幼稚園の頃から飲みまくってた。もちろん今は運動はしていない・・
ヒー・・死にたくないよ?・・!
角田(格闘家のね)の言ってた「今の食生活は10年後の自分を作る」という言葉がぐさぐさささる。
よし!明日から健康マンになろ
結論:今日はオチなし


快楽地獄

最近快楽地獄に陥っておりまする・・・・。
ここ数日間何故か酒を飲んでばっか。 
三日前はうちに引っ越して来た友人を紹介するためちゃんぷる(千葉で最もイカした店の一つだと俺は思う)に行ったら、常連さんに泡盛を何杯もあおられ昇天。
二日前はズンと西卓と金もないのに”乗っかりボーイズ”とか言って一次会に乗っかったばっかりに、意思薄弱な俺は三次会まで流されてカラオケでがんがん歌って帰宅。
で、昨日は総会のみでやんす。
生活たるみ過ぎだよ。これでいいのかよ俺!てか金ヤバいだろ!
確かそのちょっと前は、結構堅実な生活をしていたはずだ。
作品のシナリオを考えたり、英語の勉強をしたり、学校の事をしたり、課題をやったり本を読んだり。
そうだ・・四日前に戻ろう!四日前に戻って地に足がついた生活をするのだ!
あ・・
四日前は友人の転入を祝って焼き肉パーティーだった。戻るのは五日前だ!
あ・・・
五日前は新歓で夜中までケードロだった。
あ・・・・
六日前もケードロだった・・・・
・・・うひゃ!


お疲れモード

今日は軽くへこむわ?
なんかどうでもよい事にへこんでしまう。
人間なんでこうローテンションになったりするもんなのかね。疲れてんのかね。は?。生きるのに必要なのかね、ローテンって。
いつもヘイ!って生きられたら最高なのにね。
・・・・ねます


パイン君とモモちゃん その2

2年前(小学四年生の時)・・・。
『あははは・・』
『またつれたよ』
二人はドブ川で釣りをしていた。
次第に夕暮れがあたりを包んでいく・・。
『きれいな夕焼けだね』
パイン君は言った。
『ほんと・・』
二人はうっとり。
(今だ・・、今がチャンス・・!)
『あの・・ぼく・・さあ』
『・・・ん・・なに・・?』
パイン君は決心した。
『・・・僕たち、結婚しよう!』
『え!!?』
パイン君は照れ笑いした。モモちゃんは青い顔をしている。
『・・ごめんなさい』
モモちゃんは走り出した。
『ちょ、ちょっとまってよ!』
『・・あたし、あなたを愛してる。でも、結婚はできないの!』
『どうしてだよ!なにが君をそうさせないんだ!』
『・・あたし、・・実は結婚しているの!』
『・・僕だって隠し子の一人はいるよー!』
『えっ!?』
あたりはいつの間にか大雨になっている。
『僕と君は同じ境遇なんだ!』
『違う!あたしの亭主は宇宙人なの!』
『ええ!?』
『そうよ、現に鼻の中に赤い発信器がはいっているし、目から破壊光線だって出るよ!』
その時、ビルの隙間から怪獣が現れた!
『ギャース!』ドスーンドスーン
『あ、あれは怪獣モジゲゾラ!』
通行人が叫んだ。怪獣はタマちゃんを巨大化したようなかなりかわいい系だ。
『変身!』
モモちゃんは巨大化してウルトラマンの女性版のようになり、その膨大な光のエネルギーを右腕に集中させ、愛くるしく振る舞うモジゲゾラに強烈な手刀を繰り出そうとする。
『ああ!モモちゃん!やめてくれ!!』
パイン君は号泣している!
嵐の中で怪獣と巨大モモちゃんが戦い、それを見上げながらパイン君は号泣している!!
でも、ついにモモちゃんは手刀を繰り出した!
ブシャアアアアアアアアアア!!!!!
戦いに破れて大けがを負ったモモちゃんは、そのまま何日も寝込んだ。自分とモモちゃんは結ばれないと悟ったパイン君はそのままあての無い旅に出たのであった・・
ー(あのとき、なんで通行人が怪獣の名を知ってたのかわからなくて夜も眠れなかったんだっけ・・)ー
パイン君は恥ずかしげに・・時には誇らしげに・・当時の事を思い出した。
ピーンポーン
(あ、モモちゃんだ!)
震災であたりが火の海に包まれる中、今日もパイン君のワクワクデーが始まるのでした・・・。
        fin