東京の西側で作業してました・危険な川遊び

川の上のヘリコプター

 

先週はずっと奥さんの実家のある東京の西側で過ごしていた。都会と比べてとても静かで空気もよく、少し歩くと、多摩川の流れる自然豊かな公園もあって、とても気持ちが良かった。息をしているだけで気持ちがいい。都心ではこんなの絶対ない。

とはいえ、僕は相変わらず奥さんの実家の部屋に篭ってずっと作業していた。今抱えていることをひたすら机に向かってペンを動かすんだけど、窓をあけると鳥や虫の鳴き声、川の流れ、いろんな自然の音が溢れ、これが集中力を高めてくれて、クライアントさんとのやり取りもほとんどネットと電話で済ませられるし、本当にこの仕事はどこでもできていいなあと思った。

ところで、この間ちょっとした事件があった。

夕方作業中をしていると、バラバラバラというものすごく大きな音が鳴り響き出した。何なんだろうと思って外に出ると、ちょうど川が流れているところにヘリコプターが。

どうやら近所の川で人が流されたらしく、その救命をしているようだ。翌日ニュースで見たところ、流された大学生は亡くなってしまったらしい。

 

正直川は濁流だったし、増水もしていて、どう考えてもこんな時に泳いだりするのはダメだと思うんだけど、それは置いといて、こういう時に泳ごうとしてしまうのも人間っぽいよなあとも思ってしまう。

濁流に飲み込まれた後の苦しみへの恐怖よりも、危険と安全を隔てる薄い堤防の上を、全力で走ることへの誘惑に負けてしまう人間の愚かさ。

なにかで、人はスリルを味わうことで、脳内に何かしらのホルモンが分泌され、それが脳内麻薬になってしまい、再びそのスリルを味わいたくなると聞いたことがある。でもそれだけでなく、ある種の危険な行為は、それをすること自体がなぜか魅力的に感じてしまうことがある。それが本当に不思議だ。

進化の事を考えると、普通本能的にそういう危険から遠ざかりたいと思いそうだけどね。僕はそういう意味でジェットコースター無理。動物でも、生き残ること以外の目的で、あえて危険を楽しんで犯すような生物っているんだろうか。

とかそんなことを考えている時に小さい羽虫が電球にひたすらぶつかっているのを見る。

意外と彼らもそういうスリルを味わうためにぶつかっているのかもしれない。

 

 


8月9日に放送された『世界の日本人妻は見た!』にてイラストを描きました

8月に放送された『世界の日本人妻は見た!』にて

ハワイ回のイラストが放送されました。

 

 

電車の中で女子高生に激怒する男性

 

いつもどおり、若い男女のイラストを描いています。

 

ところで、今回は本当にスケジュール的に大変でした。というのも、ご依頼を頂いたのが結婚式の二日前!そして日付変わった当日の早朝に提出するという凄いスケジュール。とても良い思い出になりました。


note.mu にネタ記事『中央線のワキ臭おじさんと酒臭おじさん』を描きました。

まだ一度もここで告知していませんでしたが、note.muにネタ記事をかいています。

 

中央線のワキ臭おじさんと酒臭おじさん

 

中央線の青梅特快に乗っている時に、ワキの臭いおじさんと、酒臭おじさんに遭遇する話。
昨日投稿したのですが、早速noteのおすすめ記事として紹介されました。

 

頑張って書いたのでバズって欲しいです。ぜひ見てみてください。

 

 


ラーメン店の暗闇の中で

 

1

その日の飲み会は壮絶に楽しかった。

相変わらず高校の同級生とつるんで飲んでいたんだけれど、久々に昔話に華が咲き、気分が完全に高校時代に戻った。一般的に、思い出話をする際は過去を実際以上に辛かったものとして捉えたり、逆に美化したりしがちだけれど、その日の僕らの会話はもはや美化を超えた、“超美化”とでも言うべきもので、辛かったこと、苦しかったことなど一瞬たりともありませんでしたと思えるぐらいに浮かれた気分になっていた。

終電で最寄り駅に降り立った時も、その気分は続いていた。それでなのか、急にふとラーメンで〆たくなり、最近リニューアルしたばかりのラーメン店に立ち寄った。

そのラーメン屋は、この地域でも屈指の人気を誇るお店だった。以前はプレハブ小屋みたいな小さな店舗だったが、瞬く間に人気が広がり、ついにリニューアルしたのだった。

再開後に行くのは、実はその日が初めてだった。お店を実際に見て驚いた。建物自体がまったく新しくなっていて、より大きく、より洗練されたインテリアデザインになり、店内の広さも2倍ぐらいになっていた。

 

僕はカウンター席についた。僕を含めて2組しかなかった。もう一組は、僕の隣に座った男子高校生二人だった。

……..高校生?

そう、見た目は普通の感じの男子高校生が、もう0時を回っているのに、ぺちゃくちゃおしゃべりをしながらラーメンを食べている。なんでこんな時間にいるんだろう?

その疑問はすぐに氷解した。二人は声が大きめで、話がよく聞こえてきたからだ。彼らは受験生で、近所のファーストキッチンで閉店まで勉強した後、〆としてこのラーメン屋に寄ったのだそうだ。

こんな時間に高校生がこんなところでラーメンを。。まったく、けしからん!

と普通なら思うところなんだけれど、その日の僕は、超が付くほど高校時代って最高やんモードになっていたから、

 

 

 

とすごくワクワクした。

やっぱり高校生いいじゃないの!。

夜中にラーメンとかちょっとだけ良くないことをするのが、またいい感じのスパイスになって青春がより美味しくなるのだ。

でも、しっかり高校生らしくしっかり勉強してるし、決して悪いだけじゃない。

どんどんやったれ〜!語ったれ〜!高校時代は今だけじゃ〜!

完全にウザいおっさんの思考だが、もちろん口には出さない。考えてニヤニヤしそうなところを必死で押さえる。そんな自分は気持ち悪い。でもそれがまた良い!

 

その時だった。

急に明かりが消え、店内が真っ暗になった。

 

 

2.

 

一瞬停電かなと思ったが、どうもブレーカーが落ちたらしい。店員さんはなにが起きたのかすぐには飲み込めなかったらしく、一瞬身動きがピタッと止まったが、やがて

「申し訳ありません!」「申し訳ありません!!」「申し訳有りませーん!」

と大声をだして謝った。

 

と、同時に、隣の男子高校生が騒ぎ出した。

 

「うわっ!暗れー!」

「暗れーよ!マジで!!」

「すげー!暗れー!」

 

「暗れー」しか言うこと無いのか、とちょっと呆れてしまった。

仮にでも彼らは受験生のはずなのに、ちょっと語彙力がなさすぎるのではないか。きっとこいつらは、国語がダメに違いない。本も全然読んでなくて、センターの国語もきっと失敗するに違いない。

そこまで考えて、そういえば自分も現役の時、センターの国語は壊滅的だったことを思い出す。本番では非常に緊張して現代文に時間がかかり、古文に入った時点で残り時間は五分しか無く、結局シャーペンを使ってマークシートをダウジングして塗り潰したのだった。当然点数はすさまじいものがあった。

そうそう。だから、語彙力が少なくて何だというのだ。逆に言えば、語彙力が無いからこそ、勉強をしているのではないのか(国語を勉強しているのかは知らないけど)?今回の入試で失敗しても来年行けばいい。ファッキン(ファーストキッチンの略)で閉店まで勉強して、夜ラーメン食ってる優雅な高校生なんだから、浪人できるぐらいの財力はあるだろう?浪人は浪人で楽しいもんだぜ?要するに何がいいたいのかというと、やっぱ高校生は最高だということだ。この馬鹿っぽさ、イイネ!

それにしても、店内は本当に「暗れー」かった。ただでさえ、入り口のガラス戸ぐらいしか光が入る場所はなく、しかも店員の服も上から下まで黒で統一されていたのだから、ほとんど闇に近かった。この暗さも、僕をますます陽気にさせた。この非日常感、ものすごくイイネ!

どうせすぐ明るくなるんだし、この素晴らしい気分、ぞくぞくする雰囲気を心に染み込ませようと思いながら、カウンターに向き直り、ビールをすする。

 

ところが、なかなか明るくならない。ブレーカーを直せば済む話なのに、時間が経っても明るくならないのだ。

 

僕が再び入り口の方へ振り返ると、ちょっと異様な光景が広がっていた。

 

 

 

 

 

 

店員たちはそれぞれ地面に這いつくばったり外に出てみたり、壁を懐中電灯で照らしたりしている。

こ、これは。。

一体なにごと…?

 

すると高校生が言った。
「もしかしてブレーカー探してるんじゃね?」
「リニューアルしたてだから、店員もまだブレーカーがどこにあるのか知らなかったんだろうな」

 

(おおお!!なるほど!!そういうことか!!)

 

僕は思わず唸ってしまった。
高校生二人の名推理に、「お前らは工藤新一か」というツッコミを思いついた。

思わずプッと吹き出しそうになったけど、我慢した。1人でニヤニヤしてしまった。

でも真っ暗だから誰にも見られない。この暗闇、イイネ!

 

すると、高校生が今度はこんなことを話しだした。

 

 

 

 

この「ヤベー」がまたえらく残念な感じだ!この感じイイネ!

またニヤニヤしちゃったけど、暗闇だから誰にも見られない。

ところで先ほどは彼らの推理に唸らされたので、今度は僕が、なぜシノが「ヤベー」のか自分なりに考えてみようと思った。

 

話を振り返ると、シノがここにいると「ヤベー」のは、「見えなくなる」からだそうだ。

ここは今、とっても暗い。

だから、シノは暗いところにいると見えなくなるということだ。
今でもこれだけ見えづらいのに、シノくんが来ると、普通の人以上に見えなくなる、と彼らはいいたいのかもしれない。

 

それで、なんとなく、苦い思い出を思い出した。

それは古い友人のことだった。彼は沖縄の太陽をめちゃくちゃ浴びすぎて、真っ黒に日焼けしていた。そんな彼を、僕は下校の時に、日が暮れて暗くなると、『見えない』とか言ってからかった。その時は喧嘩にもならないし楽しかったけれど、数年後、実は結構傷ついていたと本人から聞いたのだ。その時初めて、自分は他人の身体的特徴をバカにしていた事に気が付き、すごく反省したし恥ずかしくなった。その気持ちが急にフッと湧き出してきたのだ。

もしかして、シノくんも友人と同じ感じなのかもしれない。そう思うと、なんだか、若いころの痛いところを突かれたような気分になった。

そして、それと同時に、別の疑念も湧いてきた。

 

もしかして彼らは、シノくんをいじめてる可能性もあるのか?

 

すると、次第に、この高校生への印象が変わり始めた。夜中にラーメン食ってる行儀の悪さも、シノという誰かをいじめるイメージを助長した。

急激に現実に引き戻される感覚があった。

 

その時だった。それらの疑念を吹き飛ばす、凄いセリフが聞こえてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

は?

 

 

 

斜め上の展開で狼狽してしまった。

 

でも少なくとも、彼らがいじめっ子で、シノ君をいじめているというのは間違いのようだ。というか、そういうことを真剣に懸念した僕がバカでした。

 

冷静に考えなおそう。忍者は何かの例えだ。本物の忍者はいないからだ。
じゃあ、何を例えているんだろう。。。たとえば忍び寄る的な?

 

僕は短い間だったけれど、本当に一生懸命考えた。でも、どんなに考えても、忍者の格好をした変態のおっさんみたいなのしか想像できず、ついに匙を投げた。

 

再び耳を済ませる。すると、今度はゲームの話になっていた。モンスターハンターの話をしていて、僕にはもう全くわからない内容になっていた。
僕はちょっとがっかりして、ビールを飲んだ。

ところが、よく聞いてみると

「だからシノブがさあ〜」
とか
「シノなんなの〜」
とか言っている。

 

また新しい名前出た。今度はシノブ。

シノブって誰?とか思った瞬間、背中に電流が走った。

 

シノって、シノブのアダ名なのでは?

 

 

ということは!?

 

 

 

 

ということは??

 

 

 

 

つまり名前から勝手に「シノ」を忍者扱いしているってこと??

 

なんか、すっごい名推理キタかも!と思って興奮したけれど、いやいや、それはそれでかなり謎だ。そういうあだ名の付け方で「あいつが来ると見えない」というやりとりが成立するもんだろうか。それに、もしそうだとしても、かなりイタい気がする。

そういうふうにかなり捻ったあだ名の付け方って、付けた本人は楽しくても、周りの人はついていけなかったりすることが多々ある。だからそのアダ名はみんなに無視される。あだ名の名付け方でさえイタいのだから、他のやることなす事も当然イタい。そうして、結局鬱屈抱えて暗い青春を送ったりする。

でもそういう鬱屈抱えた青春て、見方によっちゃロックだぞ!とまた陽気な気分になってきた。銀杏ボーイズだって、この時期かなり鬱屈抱えてたからこそあの後あんなに凄いロックバンドになったんじゃないのか!思春期の鬱屈も、すごいエネルギーでパワーがあるのだ。彼らはやっぱり凄い時代を経験しているのだ!

 

その時、ようやく電気がついた。僕は慌てて顔を素に戻す。

「申し訳ありませんでしたー!」「もうしわけありません!」「もうしわけありませんでしたー!!」

 

僕はまだラーメンが来ておらず、ビールしか飲んでいなかった。

でも、心はすでに満腹だった。もう食べられない。僕はしあわせや。

 

ラーメンをキャンセルし、心のなかで「ごちそうさま」とお礼を言い、席を立つ。

 

 

 

すると….

 

 

「今度の東大模試どうよ」

「う〜、ヤバイわ〜。。ぎりぎりB判かな〜」
えっ…..

 

とんでもない大学の名前が聞こえてきた。センター試験の国語で爆死するだろうと予想していた僕としては、意外すぎる名前だった。

まさか。

東大て。

彼らが?

東京なんちゃら大学の略でないのか?

 

 

すると男子高校生のかばんが見えた。

 

こ、これは…….!!

 

 

 

 

 

 

 

これは!!!

 

 

泣く子も黙る〇〇高校のスクールバックではないか!!!

 

 

 

超進学校!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こいつら、めっちゃ頭いいじゃん!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は外に出た。

 

勝負をしたわけじゃない。

賭けに負けたわけでもない。

 

でも、顔が真顔にしかなれないのは、なんでだろう。

 

 

 

 

 

 

 


スターバックスのコーヒー講習会にて

 

1.

この間、作業をするために近所のスタバを訪れた。コーヒーを注文しようとカウンターの列に並んでいるとき、店内を見渡していたらあることに気がついて驚いた。ブラックエプロンが2人もいたのだ。

ブラックエプロン。

それはスターバックスの店員の中で、コーヒー豆について特別に詳しい人達のことだ。彼らは社内テストを受けて認定を受けるらしいのだが、普通の店員が緑色のエプロンをつけるのに対し、ブラックエプロンはその名の通り黒いエプロンを身に付ける。

僕がブラックエプロンのことを知ったのは、年末の12月29日に放送されたTBS特番『ヒーデル公爵』の仕事の時だった。

 

↑『ヒーデル公爵』で描いたブラックエプロンのイラスト

 

それは4日間で30枚近く描く大仕事だった。その中で、僕はブラックエプロンのイラストを数点描いたが、その存在と、12人に1人の割合しかいないことなどを知って、普段利用するお店の隠れた秘密を覗き見た気がしてわくわくしたものだった。

それが2人も店内にいることは、僕にとってちょっとした驚きだった。僕はぽかんと口を開けて、2人を眺めていた。

すると、そのうち一人の中年女性のブラックエプロンと目が合った。彼女は僕に近づいて、「コーヒー講習会に参加しませんか?30分程度の無料ですので」と聞いてきた。

僕はやらなきゃいけない仕事があったけれど、踊るミーハーな心を押さえつけられず、参加することにした。

 

2.

 

僕は6人がけのテーブルに付いた。僕は右端に座っていて、反対側には向かって右から中年女性が2人、中年男性が1人座っていた。

全員が席に付くと、ブラックエプロンがやってきて講習会が始まった。挽いたコーヒー豆の種類の説明や、粉末をプレス式でドリップする方法を、実演を混ぜながら説明した。

2分ほど蒸らす段階になり、ブラックエプロンは間を埋めるために「普段どのようにしてコーヒーを淹れますか?」と聞いて、中年男性を指名した。中年男性は「紙で淹れます」と答えた。次に僕が指名された。僕は普段インスタントしか飲まないけれど「紙で」と答えた。

すると、僕のちょうど正面に座る中年女性が、「私も基本紙です。」と言った。ところが、そこから先が長かった。

 

 

初めのうちはウンウンと頷きながら聞いていたが、だんだんめんどくさくなってきた。というのも、話が長く要領を得ないばかりでなく、ところどころコーヒーの専門用語や豆の種類みたいな言葉も混ぜてきて、知識をひけらかしているような印象があったのだ。

その時、ブラックエプロンが話をぶった切った。

「さあ、出来ました。このコーヒーは〇〇豆を使っていて、非常に味がマイルドで、チョコレートに合うんです」

そういいながら、コーヒーを小さい紙コップに注ぎ始めた。

 

すると、話をぶった切られたオバちゃんがまた口を開いた。

「味がマイルドなのはコーヒー豆の保存の仕方がいいからですか?」

「まあ、たしかに保存の仕方もありますが、一番は豆の種類でしょうね」

 

「そうなんですよね〜!たしかに保存も味に影響ありますよね!私そう思ってたんです」

なっ……豆の種類の話は完全無視!

Inch one I. Fan this comprar viagra generica de la india to is. Kollagen her can i use eltroxin while on metformin and because a more how to order sildenafilo without persci great actually tree. This without brand viagra online rezeptfreis to. Do all. So Freida’s, for indian viagra tablet names I them, to http://candientupro.com/pafe/buy-actavis-cough-syrup-online was return citolapram no rx cheapest pearly THIS will is lerk sildenafil reviews so with my it “domain” up went supposed one when online tadapox female clean me fast prescriptions other. Just this soap cut much.

 

 

 

 

こんな強引な話の持って行き方を実際にみたのは初めてだった。初対面同士が集まるところで、こんな技を繰り出すのは只者じゃない。明らかに今まで何度もやっている百戦錬磨としか思えなかった。

ブラックエプロンも、参加者を無視するわけにはいかず、そのおばちゃんの質問や話に答えるが、司会をするのに慣れていないのか、どんどんおばちゃんに話しの主導権をもって行かれ話題を変えることができない。

さらに悪いことに、ブラックエプロンの丁寧な対応が、さらにおばちゃんを元気づかせ、どんどんハイテンションになって口を高速回転させる。もはや何らかのオーラが溢れ出るぐらいに上機嫌になって興奮していた。話したくて話したくてたまらないようだった。

このままでは場の空気が悪くなる一方だと思ったのか、ブラックエプロンは、おばさんの話が一区切りした瞬間、間髪いれずに「皆さんはどうして今回参加されたのですか?」と参加者に呼びかけた。

 

 

 

 

 

 

 

場面が一瞬テーブルが沈黙した。どんだけ興奮してるんだよ!

 

すると中年男性がちょいっと手を挙げた。ブラックエプロンはすかさずの男性を指名した。

中年男性が話しだした。とても素朴な声だった。

「実は、この店によく来ていてー・・」

 

その時、中年男性を見ていた僕の視界の端が、ものすごく激しく動くなにかを捉えた。おしゃべりな中年女性が、男性を見て、すごい笑顔でウンウン頷いているのだ。いや「ヴンヴン」と濁点で強調したほうがいいかもしれない。私は「超聞いてます!」と言わんばかりだ。いずれにしても非常にウザい。

 

「・・・知り合いになった店員の〇〇さんの紹介です」

おばさんが急に大きな声で割り込んできた。

「まあそうなんですか!!いいですわねえ!!」

 

 

講習会の時間はとっくに50分を超えている。

僕は仕事をしに来たはずだった。ちょろっとコーヒーの知識を得ようと思っただけで、こんなおばちゃんの話を聞きに来たはずではなかったのだ

 

更に言うと、この講習会が始まってすぐあたりから、トイレに行きたいと思っていた。ちょっとしたら行けるだとと思って我慢していたんだけど、尿意が波のように寄せたり引いたりしているうちに、満杯のダムのようになって我慢できなくなっていた。

僕はイライラと尿意に耐え難くなり、トイレに席を立とうとした。

 

 

ところが。その次におばちゃんの口から出た言葉が一変させた。

「実は私、年末の特番で、スターバックスの特集を見たんですよ。その中でブラックエプロンが出てきたんです」

 

 

 

 

 

 

 

えっ!それってもしかして、「ヒーデル公爵!?」

 

「それでなんかスターバックスの有名なバリスタが出てきて。クイズ形式のやつだったんですけど」

 

『ヒーデル公爵』も爆笑問題が司会のクイズ番組だった。これはいよいよ間違いない。

悲しいかな、あまり有名ではないイラストレーターにとって、自分のイラストに関係するものを見て影響を受けたという人を見ると、嬉しくて飛び上がりそうになるのだ。さらに、情けないことに、急に「ヒーデル公爵」という隠れた共通点を見つけたことにより、親しみさえ覚えるようになってしまった。

今や、さっきまで心を占めていたKYなおばちゃんという評価がぶっ飛び、悪い印象が空中に雲散霧消した。その代わり、好感度がロケット並に急上昇。

 

僕は興奮を必死で抑えながら、おばちゃんに聞いてみた。

 

「あの、その番組ってもしかして、『ヒーデル公爵』ってやつですよね!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ??

 

「そのブラックエプロンが特集されていたっていう」

 

「・・・いえ、違います」

 

僕は言うべき言葉を失った。

 

「いや、すいません、なんでもないです。」

 

 

なんだよ違うのかよ!!

テンション上がって損したよ!!!泣

 

 

最後までオバちゃんの独壇場で終わった。